性病の治療は何科でしてもらえるの?

性病は誰でもかかる可能性がある?

性病は特別な病気ではありません。

誰でもがかかる可能性があります。

普段と同じ性行為でも体調が悪ければかかってしまう場合もあります。

ただし、性病にかかりやすい人に傾向があります。

25才以下で性行為が定期的にあったり頻度がたかいこと、また未婚の人の方が性病にかかりやすい傾向があります。

未婚の場合で特にセックスパートナーが複数いる人はどうしても性病のリスクが高くなります。

また、一度性病にかかるとリスクが高くなります。

続きを読む 性病の治療は何科でしてもらえるの?

男の泌尿器の診察

男の泌尿器の診察

泌尿器科で行われている男の泌尿器の診察とはどんなものでしょうか?

尿道に綿棒などを入れられるといった噂もよく聞かれますが、実際にそのようなことが行われることは少ないです。

よく行われるのは問診のほか、尿検査や血液検査、レントゲンや超音波検査など、あまり痛みや負担のない検査となります。

実際に内視鏡を尿道に入れるという検査や治療もありますが、いきなりこれが行われることはそれほど多くありません。

男の泌尿器の診察を受けると必ず何か入れられるということはありませんから、何かあれば気軽に病院を受診してください。

続きを読む 男の泌尿器の診察

性病検査で陰性と出たら

性病検査の陰性とは

性病検査を受けたとき、結果は陽性、陰性といった表示となります。
陰性とはどういうことかというと、性病が検出されなかったという意味です。
つまり陽性とは性病が検出されたということで、つまりは病気になっていることを意味します。
なお、性病検査はクラミジア、淋病、梅毒など、それぞれの病気の種類ごとにわかれています。
続きを読む 性病検査で陰性と出たら

検査キットについて

検査キットについて

性病検査をするときの方法の一つに検査キットがあります。
これは自宅で行うセルフ検査になります。
どうやるのかというと、通販などでこの検査キットが売っているため、まずそれを購入してください。
自宅に届いたらそのキットを使って検査をします。

そもそも性病検査はどうやるのかというと、実は尿検査や血液検査など、何かを採取してそれを調べる検査になるのです。
実際の検査は検査機関が行うことが多いため、自宅で採取物を用意し、宅配便などで機関に送るという方法でも性病検査ができるのです。
続きを読む 検査キットについて

性病の診療科ってどこ?

性病の診療科

性病になったかもしれないと思ったとき、早く病院を受診して治したいですよね。
このときにどこの診療科に行けばいいか迷うこともあるでしょう。
内科でいいのかと思うかもしれませんが、性病になったときにおすすめなのは性病科となります。
こちらは性病を専門に診ている診療科ですから、性病かもしれないと思うときにはぴったりです。
性病科の病院はどこにあるのかというと、調べてみると近場で見つかることもありますから、インターネットなどで検索してみるといいでしょう。
また、泌尿器科などと一緒に入っている場合もあります。
近場に性病科の病院があればそちらで相談してみるといいでしょう。
専門の病院となるだけに感染部位や病気の種類を問わず、幅広く性病の診察をしていることが多いです。
複数の性病に感染していたり、複数の部位で感染したりするなら、性病科を受診することで一度に診察や治療を進められる場合もあります。
続きを読む 性病の診療科ってどこ?

性病検査ってはずかしいもの?

性病検査とはどんなもの

自分が今性病なのかで悩んでいるときにおすすめなのが性病検査です。
これを受けることで病気かどうかがわかるため、悩んでいることや気になっていることがあるなら受けてみるといいです。
ただ、問題はどんな検査になるのかですよね。
性病検査ははずかしいのか、そこが気になる方も多いでしょう。
結論から言うと性病検査はそれほど恥ずかしくないことも多いです。
かなり気軽に受けられることもありますから、気になっている方は受けてみるといいでしょう。
続きを読む 性病検査ってはずかしいもの?

性病の診察

性病の診察はどうやる?

性病は自然に治ることはあまりなく、病院で専用の治療を受けるのがおすすめです。
そうなると病院で診察を受ける形となりますが、性病の診察とはどんなものなのでしょうか?
これはまず問診を行い、今自覚している症状の内容や、その症状に気づいた時期、そのほか性病が気になっている理由や経緯などを確認します。
そして性病は感染した部位を確認するのか、患者としては気になるところでしょう。
性病の感染部位は性器となることもあり、他人にはあまり見せない部分ですよね。
続きを読む 性病の診察

性病に感染したら検査を

性病への感染

自分が性病になるとはあまりイメージがわかない方も多いと思いますが、気づけば自分が感染する可能性もある病気です。
性病に感染する機会となるのはまず性行為です。
すでに感染している方と性行為に及ぶと自分も感染するのは比較的有名ですよね。
避妊具をつけて性器同士が直接接触しないようにすると感染を予防できる場合もありますが、100%ではありません。
性行為は性病に新たに感染する主な機会となっています。
続きを読む 性病に感染したら検査を

ヘルペスについて

ヘルペスとは

ヘルペスとは性病の一種となり、比較的患者数の多い病気となります。
その症状には苦労する方も珍しくありません。
自覚症状としては性器に水ぶくれや腫瘍ができます。
これだけでもかなり気になる症状かもしれませんが、これらは痛みを伴うことがあり、つらい症状となりがちです。
さらに38度以上の高熱をともなったり、排尿時に痛みが出たりと、いろいろな症状が同時に出ることもありますから、自覚症状が出たら早めに病院で治療するのがおすすめです。

そしてヘルペスについて知っておきたい情報なのですが、この病気は病院で治療すればすぐに完治するとは限りません。
患者数の多いクラミジアや淋病といった病気の場合、病院で治療すればやがては完治することも多いです。
一度完治すればまた同じ性病に感染しない限り症状は出ないわけです。

しかしヘルペスはそうではありません。
原因はウイルスとなるのですが、このウイルスを体内から完全に取り除く方法が現在はまだなく、一度このヘルペスに感染すると今後も再発を繰り返すことになります。
再発したらまた病院で治療することになるのですが、症状が治まってもやはり完治したわけではなく、またいずれ再発する可能性が高いのです。
再発したらまた同じように病院で治療を行います。
再発頻度を抑える治療はあるものの、完全に治すことが難しい病気になることはよく知っておきたいポイントです。

ヘルペスの検査はある?

ヘルペスは痛みや違和感、水ぶくれや腫瘍といった症状が出るため比較的わかりやすいのですが、性病には検査がつきものですよね。
ヘルペスにも検査があります。
どんな検査かというと血液検査となり、その血液の特定の数値を測ることでヘルペスがどうかを調べます。
このときに感染初期にはIgMを測定するのですが、感染から時間が経っていたり、再発が疑われたりするときはCFによるヘルペス抗体値を測ります。
同じ血液検査にはなりますが、時期によって調べる内容が変わるのです。

このような検査にはヘルペスの対応をしている新宿の病院なら対応していることが多いです。
ただし、場合によっては一部対応していない検査がある場合もあります。
たとえば新宿駅近くにある人気の泌尿器科ではヘルペスの検査も行っているものの、初期の感染を調べるIgMの検査は行っていません。
こちらで調べられるのは感染からある程度時間の経ったヘルペスとなります。
このように一部注意は必要ですが、新宿にはヘルペスの検査を行っている病院はあります。
ヘルペスかなと思ったら利用してみるといいでしょう。