性病の診療科ってどこ?

性病の診療科

性病になったかもしれないと思ったとき、早く病院を受診して治したいですよね。
このときにどこの診療科に行けばいいか迷うこともあるでしょう。
内科でいいのかと思うかもしれませんが、性病になったときにおすすめなのは性病科となります。
こちらは性病を専門に診ている診療科ですから、性病かもしれないと思うときにはぴったりです。
性病科の病院はどこにあるのかというと、調べてみると近場で見つかることもありますから、インターネットなどで検索してみるといいでしょう。
また、泌尿器科などと一緒に入っている場合もあります。
近場に性病科の病院があればそちらで相談してみるといいでしょう。
専門の病院となるだけに感染部位や病気の種類を問わず、幅広く性病の診察をしていることが多いです。
複数の性病に感染していたり、複数の部位で感染したりするなら、性病科を受診することで一度に診察や治療を進められる場合もあります。

泌尿器科

泌尿器科も性病を診られる場合があります。
ここはどんな病院かというと、泌尿器といって尿に関連する臓器や、男性の生殖器などの病気を診察している病院です。
具体的な病名をいくつかご紹介すると、膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、尿路結石、前立腺肥大症、過活動膀胱などの診察や治療を行っている病院です。
性病とは関係ない泌尿器や男性の生殖器の病気などを診ているのですが、性病にも対応している場合があります。
ただし、どれくらい対応できるかは病院によって変わります。
泌尿器科の診察部位と重なる性病、たとえば男性の性器クラミジアや性器淋病、男性の性器にできたコンジローマなどは対応できる場合が比較的多いですが、喉が感染部位となる性病や、女性の性病に対応できるかは病院次第となります。
性病治療にも力を入れている病院なら性病科と同じくらい対応できる場合もありますが、そうでない場合は泌尿器科が診察している部位と重なる性病のみとなる場合もあります。
どちらなのかは病院まで問い合わせたり、HPを見たりして確認してください。
その泌尿器科で対応できない性病については性病科、婦人科などの受診を勧められる場合があります。

婦人科

女性特有の症状やお悩みの相談を受けている診療科ですね。
こちらでは女性の性病の診察をしている場合も多いです。
基本的に患者は女性となりますから、男性の目を気にせずに性病治療がしたいときなど婦人科が選ばれがちです。
女性の性器で起こる性病なども気軽に相談できますから、女性限定の性病の診療科として婦人科も知っておくといいでしょう。