性病検査ってはずかしいもの?

性病検査とはどんなもの

自分が今性病なのかで悩んでいるときにおすすめなのが性病検査です。
これを受けることで病気かどうかがわかるため、悩んでいることや気になっていることがあるなら受けてみるといいです。
ただ、問題はどんな検査になるのかですよね。
性病検査ははずかしいのか、そこが気になる方も多いでしょう。
結論から言うと性病検査はそれほど恥ずかしくないことも多いです。
かなり気軽に受けられることもありますから、気になっている方は受けてみるといいでしょう。

気軽に受けられる性病検査

新宿の病院などで実際に性病検査を受けてみると、尿検査になることもあります。
おしっこを病院に提出するということで、その点は少しはずかしいと思うかもしれませんが、陰部に何かを入れられるといった検査にはなりませんから、その点はあまりはずかしさのない検査となります。
実際に検査を受けるときに痛みなどがない点も人気です。
尿検査の流れですが、トイレで尿をカップにとり、提出用の容器に詰めて提出するといった流れが多いですが、実際の手続きは病院によって違いますので、受診した病院の指示に従ってください

はずかしいといったことがあまりない検査となるのは、血液検査も同じです。
性病によっては血液を調べる検査となるため、病院で採血をされます。
注射器での採血となることが多く、少し痛みがありますが、はずかしいといったことはほとんどありません。
はずかしさだけが気になる方には気軽に受けられる性病検査となるでしょう。
さらに性病は喉に感染することもあるのですが、この病気の検査はうがい液の検査となることが多いです。
病院が渡される検査液でうがいをし、それをカップに戻して専用の容器に詰め、提出するといった検査になります。
これなど特にはずかしさのない検査となりますね。

はずかしい検査ってある?

女性の性病検査の場合、陰部を医師などの前で露出する場合もあります。
クラミジアや淋病が女性の性器に感染すると、陰部の感染部位を綿棒でこするという検査になるため、病院を受診したときには陰部を露出することもあるのです。
あまり人に見せる部位ではありませんから、これは少しはずかしい方もおられるかもしれません。
また、男性の性病検査についても、病院によっては尿道に綿棒を入れてこするといった検査になる場合もあります。

最近は尿検査となる例も増えていますが、どんな検査を行うかは病院によって変わるため、こちらとなる場合もあります。
尿道に綿棒を入れる場合はやはり医師の前で陰部を露出するため、少しはずかしい方もおられるでしょう。
このような検査も一部にありますから、どんな検査か気になるときは受診前に問い合わせてみるといいでしょう。