性病の診察

性病の診察はどうやる?

性病は自然に治ることはあまりなく、病院で専用の治療を受けるのがおすすめです。
そうなると病院で診察を受ける形となりますが、性病の診察とはどんなものなのでしょうか?
これはまず問診を行い、今自覚している症状の内容や、その症状に気づいた時期、そのほか性病が気になっている理由や経緯などを確認します。
そして性病は感染した部位を確認するのか、患者としては気になるところでしょう。
性病の感染部位は性器となることもあり、他人にはあまり見せない部分ですよね。

場合によっては性器を医師に見せる場合もあります。
たとえばコンジローマなど、特徴的な症状となり、医師が患部を確認するだけで診断ができる病気の場合など、直接患部を確認することも多いです。
少し恥ずかしいと思うかもしれませんが、患部を確認することでより正確な診察ができますし、それだけで診断ができるならすぐに治療開始できますから、それだけ早く治る可能性もあります。
診察のときに患部を見せるように依頼されたらなるべく協力してください。

診察により検査が行われることも

医師が診察をすればすぐに診断が出せることばかりではありません。
患部を確認しても特徴的な症状がなく、さらに厳密にいうと患部が尿道など目に見えない部位となる場合、診察だけでは診断が難しいこともあります。
ただ、患者が訴えている症状などから疑われる病気をいくつか絞り込めた場合、その病気の検査が行われることもあります。

性病検査とはどうやるのかというと、尿検査、血液検査、うがい液の検査、膣の分泌物の検査などがよく行われます。
具体的にどんな検査になるかは疑われる病気によって変わります。
たとえば性器のクラミジアや淋病が疑われる場合、男性なら尿検査、女性なら膣の分泌物の検査になることが多いです。

同じクラミジアや淋病でも感染部位が喉になる場合、男女ともにうがい液の検査となることが多いですね。
これが梅毒の検査になると男女ともに血液検査となることが多いです。
このように性病検査の内容は調べたい病気によって変わります。

検査を受けて診断と治療開始に

一度診察を受けて検査を受けた方がいいという話になり、実際に検査まで行った場合、その検査の結果を受けて正式に診断が出ます。
検査の結果が出るまでには数日かかることもありますから、その間は待機となり、結果が出たらまた診察を受けて結果を聞き、その結果に合わせて治療開始となるのです。
性病の診察はこのような流れとなります。
基本的には医師とよく相談し、医師の指示にしたがっていればOKです。