性病に感染したら検査を

性病への感染

自分が性病になるとはあまりイメージがわかない方も多いと思いますが、気づけば自分が感染する可能性もある病気です。
性病に感染する機会となるのはまず性行為です。
すでに感染している方と性行為に及ぶと自分も感染するのは比較的有名ですよね。
避妊具をつけて性器同士が直接接触しないようにすると感染を予防できる場合もありますが、100%ではありません。
性行為は性病に新たに感染する主な機会となっています。

このほか、性器同士を使った直接の行為ではなく、最近ではオーラルセックスが行われることもありますよね。
避妊も兼ねてこのような行為を選ぶ方もおられますが、これも性病に感染するきっかけになります。
性病は性器だけが感染部位になるのではなく、口周りや喉で感染するケースもあります。
相手の性器周りから口や喉に感染するケースもありますし、逆に相手の口周りや喉から性器へと感染するケースもあります。
オーラルセックスも性病感染の大きな機会になっていることは十分に注意してください。

これ以外ではディープキスも感染の可能性があります。
口周りや喉に病気を持っている方とこのキスをすると、相手の口周りや喉に感染するのですね。
このように何らかの性的行為をすると性病に感染する可能性があります。
それ以外のケース、たとえばタオルの共有などで感染する可能性がまったくないわけではありませんが、基本的には性的行為が主な感染経路となっています。

性病の感染は検査で調べよう

何らかの性的行為のあと、性病かなと思う症状が現れたり、症状はないものの行為をした相手の性病が発覚したりすると、自分が今性病に感染している可能性があります。
しかし本当に感染しているかどうか確かめたいなら病院で検査をするのがおすすめです。
これを受けると感染の有無を客観的に確かめられます。
比較的確実な方法ですし、性病の種類によっては検査を受けないとどんな病気にかかっているのか、医師でも確実な診断が難しいこともあります。
それもあって病院で性病の相談をするとまず検査となることがありますね。

この検査とはどんなものかというと、尿検査やうがい液の検査、血液検査などになる場合が多いです。
以前は綿棒を尿道に入れてこするといった検査も行われていましたが、最近では検査の精度向上や患者の負担軽減などから、尿検査などが行われる場合も多くなっています。
あまり負担のない検査となることが多く、気軽に性病感染の有無を調べられますから、性病に感染したかもと思うときは病院で検査を受けてみるといいでしょう。