性病の検査の結果

新宿の病院で性病の検査を受けられるのですが、これを受けるときには結果の確認方法も知っておくといいでしょう。
性病検査はインフルエンザやアレルギーの簡易検査のようにその場ですぐに結果がわかるわけではありません。
結果が出るまでに時間がかかりますから、病院で検査を受けた当日はまだ結果はわからず、一度帰宅して後日にまた結果を聞く形となります。

このときの確認方法は病院によって違いもありますから、検査を受けた病院ごとに確認しておきましょう。
あまり手間がかからない方法がよければ新宿で人気の性病科を利用するといいです。
新宿駅の西口近くにある病院で、こちらでは男性の性病の診察や検査、治療を行っています。

こちらで性病検査を受けた場合、やはり当日は結果がまだわかりません。
結果を知る方法ですが、こちらの病院ではWEBで確認できるようになっています。
WEBに結果が表示されるタイミングは病気によって異なります。
たとえばクラミジアや淋病の場合、検査を受けてから2~4日を目安に結果が表示されます。

それぞれの性病ごとに検査結果表示までにかかる日数は変わりますから、自分が受けた検査ごとにこの日数を確認の上、結果が表示されたら確認してください。
確認のために必要なのはパスワードと採取日です。
検査を受けるために受診したときにこれらはよく確認しておくといいでしょう。

検査結果の確認ができる期間は決まっており、採取日から20日間となっています。
この期間を過ぎると検査結果は確認できなくなります。
再度確認したい場合は検査を受けた病院を再度受診する必要があります。
この期間中なら病院に行かなくても性病検査の結果がわかりますから、なるべくこの期間中に専用WEBサイトで確認しておくといいでしょう。

このように性病検査の結果は病院によっては簡単に確認できるようになっています。
しかしもしこのようなシステムがない病院の場合、結果を聞きたいときには指定された日以降にもう一度来院し、改めて結果を聞く形となります。
来院の手間を省きたいときは先にご紹介したような病院がおすすめです。

ちなみに検査結果に載っているのは、各性病が陽性か陰性かです。
陽性とはその性病に感染している可能性が高いという意味になります。
つまり陰性ならその性病にはかかっていない可能性が高いという意味ですね。
医師に結果を説明されるときは迷うことはありませんが、自分で結果を確認するときは大事なポイントになります。
このように性病の検査を受けるときは結果の確認方法もよく確認しておきましょう。