性病検査とプライバシー


性病が疑われる場合、男女問わずできるだけ早めに性病検査を受けることが大切で、そのままにしておいても良くなることはありませんし、もちろん完治することもありません。
それどころか菌がどんどん繁殖してしまい、気付いたときには取り返しのつかない事態になっているケースもありますので、少しでもおかしいなと思ったらまず性病検査をするようにしてください。

ただ性病検査と聞くとどうしても気になるのがプライバシーの部分で、こういった検査を受けていることはできるだけ誰にも知られずにやりたいと思うのが当たり前です。
まず性病が疑われる場合にもっともおすすめなのは病院で検査を受けることですが、病院で性病検査をするならどうしても病院へ足を運ばなければなりません。

男性の場合は泌尿器科やメンズクリニック、女性の場合は婦人科やレディースクリニックなどに行くことになりますが、ここでは基本的に看護師とドクターには必ず会わなければなりませんので、まったく誰にも顔を見られない状態で検査を受けることはできません。
プライバシーに関しては配慮されているところとそうでないところがあって、総合病院の場合はどんな検査を受けているのかほかの患者さんにばれる心配はありませんがたくさんの泌尿器科や婦人科へ行っていることを見られることは間違いありません。

ただ最近では個人病院だとほかの患者さんとは顔を合わせずに診察を受けられるところも増えていますし、男性スタッフのみ、女性スタッフのみが在籍している病院・クリニックもありますので、できるだけプライバシーを守りたいという人はそういったところを利用するといいでしょう。
そして保健所でも性病検査を受けることが可能で、ここでは匿名で検査を受けられますし費用もかからないので単純に検査を受けたいという人にはおすすめです。

事前に保健師からのカウンセリングを受けることもできますので、その点も安心感を持って望めます。
ただ何らかの病気が見つかった場合の治療はできませんので、その場合は病院へ行くことになります。

さらに性病検査キットと呼ばれるものもあって、これは通販などでも購入することができるため、プライバシーを守るという点ではもっとも有効な方法だと言えるでしょう。
しかし病気が見つかった場合は病院へ行かなければなりません。

このようにプライバシーを守って性病検査する方法はありますが、病気が見つかれば結局病院へいかなければならないことは覚えておきましょう。